神戸博愛病院
access

MENU

内科

内科

概要

一般内科、消化器内科、循環器内科、糖尿病内科、禁煙外来

  • ・かぜ、花粉症などの一般内科疾患
  • ・高血圧、高脂血症、糖尿病、痛風(高尿酸血症)といった生活習慣病
  • ・不整脈、慢性心不全といった循環器疾患
  • ・肺炎、気管支喘息、肺気腫といった呼吸器疾患
  • ・逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍、大腸ポリープ、慢性肝炎などの消化器疾患
    (内科、外科の両方で専門医が対応しています)

上記のように幅広い疾患の診断、治療を行っています。
また、専門医による糖尿病専門外来、循環器専門外来を設けよりきめ細かい医療の提供を行っています。

動脈硬化度を調べましょう

人間は血管とともに老いると言われるように血管が老いた状態すなわち動脈硬化により老化が進みさまざまな疾患(特に心疾患や脳血管疾患など)を引き起こします。
このため血管の老化を未然に評価し予防することが大切であります。
当院では動脈硬化度を血管壁の硬さ(機能的変化)と粥腫(脂質の塊)などによる血管壁構造の変化(解剖学的変化)といった2つの視点から評価するため血圧脈波検査(CAVI、ABI、TBI)、頸動脈エコーといった検査を行っています。
これらの検査は体への負担もなく検査に伴う食事制限などもないため気軽に受けていただけます。

消化器がんから身を守りましょう

胃がん、大腸がんはともに日本人のがん部位別死亡率の上位3位以内に入る国民病ともいえる疾患です。しかしこれらのがんは早期発見できれば治癒させることが可能なのです。
以下のような検査で診断可能です。

  • ・胃がん…胃透視検査 または 胃内視鏡(胃カメラ)検査
  • ・大腸がん…注腸検査 または 大腸内視鏡(大腸カメラ)検査
    (便潜血反応は大腸がん検診に用いられます。)

いずれも内視鏡検査にて確定診断します。

胃、大腸以外の消化器がん(肝臓がん、すい臓がんなど)は腹部超音波(エコー)検査にて診断可能です。ただし体型により臓器の一部が見えない場合があり、そのような場合にはCTを追加することにより診断可能です。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(SleepApneaSyndrome:SAS)は、睡眠中に呼吸が止まる病気です。無呼吸状態のため、低酸素状態に陥り、良質な睡眠が取れないことにより、様々な病気になってしまう原因となります。
10秒以上の呼吸停止(無呼吸)が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上あるもの、または1時間あたり5回以上あるものと定義されています。

このような症状はありませんか?
  • 日中、眠気がすごい
  • 集中力が続かない
  • 家族や一緒に住んでいる人にいびきを注意される
  • 寝ている間にトイレにいくことが多い
  • 熟睡感がない
  • 身体が重いと感じる

睡眠時無呼吸症候群は生活習慣病と言われる高血圧、心疾患、脳出血、脳梗塞、糖尿病の発症に関連があるだけでなく、これらの病態を悪化させるリスクにもなると言われており、生命活動を危うくします。
また日中の強い眠気により交通事故などを引き起こす原因にもなります。
眠っている間の無呼吸には自分自身ではなかなか気付くことはできません。知らないうちに日常生活において様々なリクスを生じている可能性がありますので、上記のような症状がある方は、検査をおすすめします。
検査・治療ともに医療保険が適応され、当院でも検査を行っておりますので、是非ご相談ください。

禁煙外来

当院が取り組む予防医療の実践の一環として禁煙外来を設置することとなりました。タバコがやめたくてもやめられないのは本人の意思の弱さではなくニコチンの持つ強い依存性が原因です。
このような喫煙習慣は『ニコチン依存症』といわれ、治療が必要な病気とされており、喫煙者の約70%がニコチン依存症といわれています。
病気は意思だけで治せるものではありませんので禁煙をお考えの方は是非ご相談ください。

禁煙により下記の疾患の罹患率・死亡リスクが低下します。
  • 肺がんをはじめとする各種がん
  • 心筋梗塞、狭心症といった心血管疾患
  • 脳梗塞、脳出血などの脳血管疾患
  • 肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患
  • 末梢血管性病変

従来、禁煙治療は健康保険の適応となっておりませんでしたが、現在では下記の条件を満たす方は健康保険での禁煙治療が行えます。

  • 直ちに禁煙することを希望していること
  • 禁煙治療を受けることに文書で同意されていること
  • ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること
  • ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)でニコチン依存症と診断されていること
ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)
設問内容はい
1点
いいえ
0点
問1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
問2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありますか?
問3 禁煙したり本数を減らそうとした時に、タバコが欲しくて欲しくてたまらなくなることがありましたか?
問4 禁煙したり本数を減らした時に、次のどれかがありましたか?

(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)

問5 問4で伺った症状を消す為に、またタバコを吸い始める事がありましたか?
問6 重い病気にかかった時に、タバコは良くないとわかっているのに吸う事がありましたか?
問7 問4で伺った症状を消す為に、またタバコを吸い始める事がありましたか?
問8 重い病気にかかった時に、タバコは良くないとわかっているのに吸う事がありましたか?
問9 問4で伺った症状を消す為に、またタバコを吸い始める事がありましたか?
問10 重い病気にかかった時に、タバコは良くないとわかっているのに吸う事がありましたか?

※TDSが5点以上であればニコチン依存症と診断されます。

治療プログラム

標準的な禁煙治療プログラムは、12週間にわたり計5回の禁煙治療を行います。

  • 初回診察:話し合いを行い、禁煙開始日を決定します。
  • 再診  :2週間後、4週間後、8週間後、12週間後の計4回、禁煙の実行継続
    のための治療を行います。

禁煙治療には下記の薬剤を禁煙補助薬として用います。

禁煙補助薬

ニコチンパッチ(貼付式)

バレニクリン

禁煙外来の受診日については要相談とします

※診療時間についてはお問い合わせください。

関連リンク

外来診察担当医表

※横にスクロールしてください

 
午前
9:00~13:00
院長
副院長
百武
(糖尿)
(9:30~)
院長 八田 院長 副院長
午後
13:00~19:00
八田
(13時~16時)
八田
(13時~15時)
園田
(呼吸器)
(13時~16時)
藤田 八田
(13時~16時)
午後
13:00~19:00
谷村
 (循環器)
(16時~19時)
上紺屋
 (15時~19時)
交替制
(16時~19時)
鳥羽
(循環器)
(16時~19時)
最終受付は、診察終了時間の30分前です。
  • 平成30年1月からの糖尿病外来(百武医師)診療時間変更のお知らせ
  • 上記、担当医は都合により変更する事が有ります。
  • 内科のみ昼、12~13時の診療を行っています。
  • 火曜の百武(糖尿)の診療時間は9:30~12:30となります。